• Author椹野道流
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041048979
  • Publish Date2017年6月

最後の晩ごはん

兵庫県芦屋市。
雨の夜、定食屋「ばんめし屋」を訪れた珍客は、青年の幽霊・塚本だった。
元俳優で店員の海里は、店長の夏神たちと事情を聞くことに。
なぜか今までのどの幽霊よりも意思疎通できるものの、
塚本は「この世に未練などない」と言い切る。
けれど成仏できなければ、悪霊になってしまいかねない。
困惑する海里たちだが、彼ら自身にも、
過去と向き合う瞬間が訪れて……。
優しい涙がとまらない、お料理青春小説第8弾!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 異世界でカフェを開店しました。 11
  • 異世界でカフェを開店しました。 10
  • 異世界でカフェを開店しました。 8
  • 異世界でカフェを開店しました。 9
  • ふしぎな銀の木 / スリランカの昔話
  • 作家の酒
  • 頭のいい子には中学受験をさせるな / 「灘」を超える、東大合格メソッド
  • 不都合な真実 Eco入門編 / 地球温暖化の危機
  • 残月 / みをつくし料理帖
  • モモ / 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語