• Author椹野道流
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041048979
  • Publish Date2017年6月

最後の晩ごはん

兵庫県芦屋市。
雨の夜、定食屋「ばんめし屋」を訪れた珍客は、青年の幽霊・塚本だった。
元俳優で店員の海里は、店長の夏神たちと事情を聞くことに。
なぜか今までのどの幽霊よりも意思疎通できるものの、
塚本は「この世に未練などない」と言い切る。
けれど成仏できなければ、悪霊になってしまいかねない。
困惑する海里たちだが、彼ら自身にも、
過去と向き合う瞬間が訪れて……。
優しい涙がとまらない、お料理青春小説第8弾!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ
  • ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒
  • ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご
  • ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが
  • 最後の晩ごはん / 秘された花とシフォンケーキ
  • 新章イケメン大奥 / 春の嵐と恋の予感
  • しずく
  • だから見るなといったのに / 九つの奇妙な物語
  • 宇宙のみなしご
  • 最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス