• 著者紫式部 瀬戸内寂聴
  • 出版社講談社
  • ISBN9784062757379
  • 発行2007年5月

源氏物語 巻5

源氏の道ならぬ恋慕に悩んでいた玉鬘は、意想外の求婚者・鬚黒の大将の手に落ちる。長男・夕霧は長い試練の果てに雲居の雁と結ばれ、娘の明石の姫君は東宮に入内し、生母と再会。四十の賀を控え、准太上天皇に上った源氏の半生はひときわ輝きを増す。

>> 続きを表示