• 著者中山七里
  • 出版社宝島社
  • ISBN9784800220431
  • 発行2014年1月

いつまでもショパン

難聴を患いながらも、ショパン・コンクールに出場するため、ポーランドに向かったピアニスト・岬洋介。しかし、コンクール会場で刑事が何者かに殺害され、遺体の手の指十本がすべて切り取られるという奇怪な事件に遭遇する。さらには会場周辺でテロが頻発し、世界的テロリスト・通称"ピアニスト"がワルシャワに潜伏しているという情報を得る。岬は、鋭い洞察力で殺害現場を検証していく!

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 奈良の大仏でミステリー / 春菜の事件簿4 長編ユーモア推理小説
  • 香港ツアーでミステリー / 春菜の事件簿3 長編ユーモア推理小説
  • ハリウッド大通りでミステリー / 春菜の事件簿2 長編ユーモア推理小説
  • ロンドン塔でミステリー / お嬢さま作家○春菜の事件簿 長編ユーモア推理小説
  • 私は女になりたい
  • たおやかに輪をえがいて
  • 風花
  • すべて真夜中の恋人たち
  • ポリティコン 下
  • ポリティコン 上