• Author朝井まかて
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062185004
  • Publish Date2013年8月

恋歌

樋口一葉の歌の師匠として知られ、明治の世に歌塾「萩の舎」を主宰していた中島歌子は、幕末には天狗党の林忠左衛門に嫁いで水戸にあった。尊皇攘夷の急先鋒だった天狗党がやがて暴走し、弾圧される中で、歌子は夫と引き離され、自らも投獄され、過酷な運命に翻弄されることになる。「萩の舎」主宰者として後に一世を風靡し多くの浮き名を流した歌子は何を思い胸に秘めていたのか。幕末の女の一生を巧緻な筆で甦らせる。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 二重生活
  • 花のれん 改版
  • 最後の証人
  • 動機
  • カフーを待ちわびて
  • 風味絶佳
  • 赤めだか
  • ツバキ文具店
  • 秋萩の散る
  • 勝手にふるえてろ