• Author谷川俊太郎 尾崎真理子
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784104018062
  • Publish Date2017年10月

詩人なんて呼ばれて

名づけ切れない世界の豊かさ! 弱冠二十歳、『二十億光年の孤独』でデビューして以来つねに第一線であり続け、八十五歳の今も他の追随を許さない詩人・谷川俊太郎。その人生の軌跡、女性たちとの出会い、創作の源泉まで。「国民的詩人」の核心と日本戦後詩の潮流に、当代きっての文芸ジャーナリストが迫る。書下ろし1篇、別丁に厳選の詩20篇を収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ヤバいビル / 1960ー70年代の街場の愛すべき建物たち
  • 須賀敦子のミラノ
  • 山小屋の灯
  • 楽しく百歳、元気のコツ
  • いのちのひろがり
  • 金子兜太 私が俳句だ / のこす言葉
  • 広電と広島 / 25車種298両、日本一の路面電車
  • 江戸の読書会 / 会読の思想史
  • あしたも、こはるびより。
  • ふくはなにからできてるの? / せんいのはなし