• Author最相葉月
  • Publisher小学館
  • ISBN9784093792172
  • Publish Date1998年3月

絶対音感

小鳥の囀りも救急車のサイレンも「ドレミ」で聴こえる。でたらめに叩いたピアノの、鳴っている音が全部わかる。ポップスを聞いていても歌詞が頭に入らない。和音が鳴ると目の前に特定の色が浮かぶ。戦時中、爆撃機の機種や高度を当てる訓練があった。作家パステルナークはそれがないために音楽家を諦めた。日本人にはその能力をもった人が非常に多い、「絶対音感」の正体とは何なのか…。第4回「週刊ポスト」「SAPIO」21世紀国際ノンフィクション大賞受賞。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • わが子の「やる気スイッチ」はいつ入る? / やきもきしているお父さんお母さんへ
  • ニジノ絵本屋さんの本 / 本屋さんで、出版社で、絵本パフォーマー。
  • なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?
  • おじいさんならできる
  • 嫌われる勇気 / 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • AI vs.教科書が読めない子どもたち