• Author最果タヒ error403
  • Publisher産業編集センター
  • ISBN9784863111660
  • Publish Date2017年10月

もぐ^∞

ほぼ、書き下ろし!!
詩人・最果タヒが、「食べる」について綴った異色のエッセイ集登場!
食べ物へのあきらめ、偏愛、「好き」という感情について語りつくした自由度無限大の一冊。
「ぼくの理想はカレーかラーメン」「大人は温度を食べている」
「良いサンドウィッチはミステリー」「ジャジャーン!ポールエヴァン!」など25作品収録!!
味覚は、人間が外部を「感じとる」ための道具なわけだ。
だとしたら、その味覚は幸せを呼ぶためだけのものでも、飢餓状態を回復するためでもなくて、
世界を見るためのものかもしれない。(「担々麺経由世界行き」より抜粋)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • yes
  • 自分の仕事をつくる
  • フィッシュストーリー
  • 島の美容室 / 写真集
  • コップってなんだっけ?
  • みちのく怪談コンテスト傑作選 2010
  • ダークツーリズム入門 / 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅
  • こぽこぽ、珈琲
  • おしゃ修行
  • 考えない練習