• Author最果タヒ error403
  • Publisher産業編集センター
  • ISBN9784863111660
  • Publish Date2017年10月

もぐ^∞

ほぼ、書き下ろし!!
詩人・最果タヒが、「食べる」について綴った異色のエッセイ集登場!
食べ物へのあきらめ、偏愛、「好き」という感情について語りつくした自由度無限大の一冊。
「ぼくの理想はカレーかラーメン」「大人は温度を食べている」
「良いサンドウィッチはミステリー」「ジャジャーン!ポールエヴァン!」など25作品収録!!
味覚は、人間が外部を「感じとる」ための道具なわけだ。
だとしたら、その味覚は幸せを呼ぶためだけのものでも、飢餓状態を回復するためでもなくて、
世界を見るためのものかもしれない。(「担々麺経由世界行き」より抜粋)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 旅と冒険の人類史大図鑑
  • 週末ごはんフェス / 外でつくって食べるアイデアレシピ HAPPY WEEKEND FES.RECIPE
  • はげましてはげまされて / 93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記
  • 楽しく百歳、元気のコツ
  • コラージュのおくりもの
  • アメリーのきものやわらか暮らし
  • ねことじいちゃん 3
  • 魂のいちばんおいしいところ / 谷川俊太郎詩集
  • ふしぎの国のバード 1
  • 鳥が好きすぎて、すみません / 驚異の能力、人生の楽しみ方、鳥たちとの暮らしから教わったたくさんのこと