• 著者小野不由美
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101240534
  • 発行2012年7月

月の影影の海 下巻 / 十二国記

「わたしは、必ず、生きて帰る」-流れ着いた巧国で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、"半獣"楽俊との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍もない「決断」への幕開けに過ぎなかった。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 「待つ」ということ
  • 大阪名物
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
  • 老人と海
  • 冒険の書 AI時代のアンラーニング
  • 風の海迷宮の岸 / 十二国記
  • ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力
  • 働き方の哲学 / 360度の視点で仕事を考える
  • 生き物の死にざま
  • あそびの生まれる場所 / 「お客様」時代の公共マネジメント

この本を寄贈した人