• Author重松清
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062772303
  • Publish Date2012年4月

かあちゃん

同僚を巻き添えに、自らも交通事故で死んだ父の罪を背負い、生涯自分に、笑うことも、幸せになることも禁じたおふくろ。いじめの傍観者だった日々の焦りと苦しみを、うまく伝えられない僕。精いっぱい「母ちゃん」を生きる女性と、言葉にできない母への思いを抱える子どもたち。著者が初めて描く「母と子」の物語。
お母ちゃんは、笑うことを禁じた。死んだお父ちゃんの罪を、一生背負うために――。
同僚を巻き添えに、自らも交通事故で死んだ父の罪を背負い、生涯自分に、笑うことも、幸せになることも禁じたおふくろ。いじめの傍観者だった日々の焦りと苦しみを、うまく伝えられない僕。精いっぱい「母ちゃん」を生きる女性と、言葉にできない母への思いを抱える子どもたち。著者が初めて描く「母と子」の物語。
おふくろが、ものも言わずに、一心不乱に家族の写真をちぎっていく。家族三人の笑顔は、もう貼り合わせることもできないほど、小さなかけらになってしまった。(本文より)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 幼な子われらに生まれ
  • みぞれ
  • 看守眼
  • 悲嘆の門 上
  • 青い鳥
  • とんび
  • ワイルド・ソウル 下巻
  • ワイルド・ソウル 上巻
  • 海狼伝
  • 翼、ふたたび