• Authorくすのきしげのり 垂石真子
  • Publisher小学館
  • ISBN9784097264859
  • Publish Date2012年10月

メガネをかけたら

メガネをかけたら世界が変わる、感動物語
メガネをかけなくてはならなくなった女の子が主人公です。クラスには、メガネをかけている子なんて一人もいないので、どうしてもメガネをかけたくありません。「頭が良くなるならかけるわ」とか、「宇宙まで見えるならかけるわ」とか、難癖をつけます。朝会のある日、やっとメガネをかけて学校に行ってみると……。
くすのきしげのり作の『おこだでませんように』と『ふくびき』に続く感動作第3弾です。はじめてメガネをかける子どもの不安を描く心温まる物語です。

【編集担当からのおすすめ情報】
子どもの気持ちを非常に良く表現し、人として大切なものをストレートに描いている、くすのきしげのりさんの絵本は、「子どもに読み聞かせたい絵本」として、高い評価を得ています。本作品も、読み終わった後に、ほのぼのとあたたかい気持ちになることでしょう。何度でも読み聞かせたい作品です。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 54字の百物語 / 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説
  • ハロウィンのランプ
  • ばばばあちゃんのアイス・パーティ
  • ありとすいか
  • どんぐりむらのほんやさん
  • コんガらガっちなにになってすすむ?の本
  • すみれちゃんのあついなつ
  • ヘレン・ケラー / 暗闇から光を投げかけた愛の天使
  • ダンゴムシ
  • なぞなぞのすきな女の子