• Author西加奈子
  • Publisher筑摩書房
  • ISBN9784480426697
  • Publish Date2009年12月

通天閣

『さくら』で彗星のように華やかなデビューを飾った西加奈子の第4作にあたる長編小説。冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれていく。天性の物語作者ならではの語り口に、最初から最後までグイグイと引き込まれるように読み進み、クライマックスでは深い感動が訪れる。このしょーもない世の中に、救いようのない人生に、ささやかだけど暖かい灯をともす絶望と再生の物語。この作品で第24回織田作之助賞を受賞している。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 銀河を渡る / 全エッセイ
  • 裸足で逃げる / 沖縄の夜の街の少女たち
  • 仕事。
  • アイネクライネナハトムジーク
  • 生きづらいと思ったら親子で発達障害でした
  • まんがで読める!太宰治 / 生きているのが、悲しくてしょうがない。
  • うさぎドロップ 3
  • うさぎドロップ 2
  • うさぎドロップ 1
  • 四月になれば彼女は