• Author柚月裕子
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041049556
  • Publish Date2018年3月

凶犬の眼

捜査のためなら、俺は外道にでもなる。
所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく……。
警察vsヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 罪の声
  • 希望の糸
  • 蒼穹の昴 下
  • 悪魔の弁護人
  • 鷲は飛び立った
  • 推定脅威
  • 闇の天使
  • 炎天夢 / 東京湾臨海署安積班
  • 侵入者 / イントルーダー
  • それまでの明日