• Author岩淵悦太郎
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784044000813
  • Publish Date2016年10月

悪文 / 伝わる文章の作法

不用意な語順、たった一文字の助詞のちがい、
身勝手な句読点の打ち方によって、
日本語は読み手に届かないばかりか、
誤解や行き違いをひきおこしてしまう。
すらりと頭に入らない悪文の、
わかりにくさの要因はどこにあるのか?
随筆、ニュース、論説、広告、翻訳文など、
伝わらない文章の具体例をあげて徹底解剖。
悪文の撃退法を50の鉄則で示し、添削法を明かす。
伝わる作文の作法が身につく
超ロングセラー、異色の文章読本!
【目次】
はじめに
■ 悪文のいろいろ
・わかりにくい文章
・誤解される表現
・堅すぎる文章
・混乱した文章
■ 構想と段落
・段落なしは困る
・改行しすぎは段落なしにひとしい
・構想の立たない文章
・構想のよくない文章
■ 文の切りつなぎ
・長すぎる文はくぎる
・判決文のまずさ
・ニュース放送のわかりやすさ
・すぎたるは及ばざるがごとし
・歯切れのよい文章
■ 文の途中での切り方
・中止法のいろいろ
・長い文は読みにくいか
・「そうして結合」をつないだ文
・連用形による中止法
・句読法
・接続助詞の「が」
・悪文としての中止法
■ 文の筋を通す
・首尾が整っていない
・省略がすぎる
・並べ方がまずい
・副詞のおさめが悪い
・助詞へのおさめが悪い
■ 修飾の仕方
・助詞のくりかえしと省きすぎ
・並列の一方を忘れた文
・修飾語のかかり方が乱れた文
・どこにかかるのか、わからない修飾語
・離れすぎた修飾語
・長すぎる修飾語
・はさみこみ
■ 言葉を選ぶ
・ひとり合点
・「ように」の使い方一つでも
・引っかかるつながり方
・無知か、慣用の無視か
・あまりにも感覚的
・イメージがちぐはぐ
■ 敬語の使い方
・皇室敬語の今と昔
・敬語の三種と、そのきまり
・敬語のつけすぎ
・敬語の誤用
・敬語の不足
・文体の不統一
■ 悪文をさけるための五十か条
文庫版あとがき

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 歎異抄
  • ぼくはアスペルガー症候群
  • ロードショーが150円だった頃 : 思い出のアメリカ映画
  • 土の中の子供
  • マンション管理員オロオロ日記 / 当年72歳、夫婦で住み込み、24時間苦情承ります
  • 百田尚樹の日本国憲法
  • 弘兼流60歳からの手ぶら人生
  • マスキングテープオフィシャルブック / 100種類のテープで楽しむ!
  • Whisky Voice 59
  • 生きていくのに大切な言葉 / 吉本隆明74語