• Author川上弘美
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167631017
  • Publish Date1999年8月

蛇を踏む

藪で、蛇を踏んだ。「踏まれたので仕方ありません」と声がして、蛇は女になった。「あなたのお母さんよ」と、部屋で料理を作って待っていた…。若い女性の自立と孤独を描いた芥川賞受賞作「蛇を踏む」。"消える家族"と"縮む家族"の縁組を通して、現代の家庭を寓意的に描く「消える」。ほか「惜夜記」を収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • みだれ籠 / 旅の手帖
  • しょうがの味は熱い
  • なぜ「偏差値50の公立高校」が世界のトップ大学から注目されるようになったのか!?
  • だいじょうぶ認知症 / 家族が笑顔で介護するための基礎知識
  • 妊娠カレンダー
  • 『罪と罰』を読まない
  • 詩のこころを読む
  • ベニシアの京都里山日記 / 大原で出逢った宝物たち
  • 銀河鉄道の夜
  • ひとにぎりの未来