• Author黒木渚
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062209496
  • Publish Date2018年2月

鉄塔おじさん

神崎あたりは田舎の役場の生活相談課で働いている。毎日毎日、クレームをつけにくる町営団地の住人の対応に追われる日々。そんなあたりを、目の敵にする教育係の杉田さんには毎日、役場のテラスに呼び出されて暴言を吐き散らかされる。あたりに好意を寄せる同じ職場の三浦からのアプローチを受け、このまま付き合うのかと思っていた矢先、食堂で話すあたりと三浦の姿を見つけた杉田から信じられない告白をうけ、あたりは何もかもがうまくいかないと混乱し、休職願いを出す。
そしてあたりが逃げ込んだ先が、生活安全課の時に知ったある不思議な人物の家だった……。その人物は、町の大地主で、所構わず謎の物体を置き、住民からも苦情が相次ぐ人物だった。
あたりはおじさんと共同生活を続けることにより、徐々に自分を取り戻していく。そして、いつのまにかおじさんのことがとても気になる存在となっていることに気づく。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ブックカフェを始めよう!
  • ひみつ堂のヒミツ / 1000円のかき氷を1日500杯売り続けられる理由
  • 人がつながる居場所のつくり方 / 日野社会教育センターが実践したコミュニティデザインの成功
  • 新宿駅最後の小さなお店ベルク / 個人店が生き残るには?
  • 木下サーカス四代記 / 年間120万人を魅了する百年企業の光芒
  • 「演劇の街」をつくった男 / 本多一夫と下北沢
  • 下町ロケット ヤタガラス
  • 下町ロケットゴースト
  • 蕪村 己が身の闇より吼て
  • 屍人荘の殺人