• Author森下典子
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101363516
  • Publish Date2008年11月

日日是好日 / 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 買えない味
  • 主婦病
  • かぞくのじかん 2017年 09月号
  • サードプレイス / コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」
  • おおさか原風景 水都再生へのパースペクティブ
  • 大黒屋光太夫 下巻
  • 大黒屋光太夫 上巻
  • 浪費するアメリカ人 : なぜ要らないものまで欲しがるか
  • 夏井いつきの「花」の歳時記
  • フランス人の40歳からの生きる姿勢