• Authorカール・ハインリヒ・マルクス 岩下博美
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065106679
  • Publish Date2018年4月

資本論

「いつまでも一緒にいようね」19世紀。イギリス。牧歌的な風景の広がる片田舎の町の三人の若者ロイ、オスカー、クレアの恋模様。ロイの作った小さな工場が、資本主義の発展と軌を一にして、大きな嵐を巻き起こしていくーーー。相対剰余価値、絶対剰余価値、労働者の疎外、搾取、、、資本論の基本的なテクニカルタームの意味を、胸を打つ恋物語とともにわかりやすく描きます。
 「健康・教育・希望」を得るには金が要る資本主義社会。資本家は神なのか? 現代まで続くマルクスの問題提起。
目次
第1章 交換で成り立つ人間社会
第2章 剰余価値と搾取
第3章 会社という怪物
第4章 相対的剰余価値
第5章 資本主義とは?
「いつまでも一緒にいようね」19世紀。イギリス。牧歌的な風景の広がる片田舎の町の三人の若者ロイ、オスカー、クレアの恋模様。ロイの作った小さな工場が、資本主義の発展と軌を一にして、大きな嵐を巻き起こしていく。相対剰余価値、絶対剰余価値、労働者の疎外、搾取、資本論の基本的なテクニカルタームの意味を、胸を打つ恋物語とともにわかりやすく描きます。資本家は神なのか? 現代まで続くマルクスの問題提起。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 副業力 / いつでも、どこでも、ローリスクでできる「新しいマネタイズ」
  • 宇宙に命はあるのか / 人類が旅した 一千億分の八
  • 人が死なない防災
  • はじめよう、お金の地産地消 / 地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決する
  • 愛着障害の克服 / 「愛着アプローチ」で、人は変われる
  • 教育は何を評価してきたのか
  • 夢があふれる社会に希望はあるか
  • もっと使いこなす!「システム思考」教本
  • 初学者のための質的研究26の教え
  • 社会変革のためのシステム思考実践ガイド / 共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する