• 著者ビートたけし
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784103812227
  • 発行2017年9月

アナログ

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう二人の、「アナログ」な関係が始まった。いまや成立しがたい男女のあり方を描き、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける渾身の長編。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • ユートピア
  • 本と鍵の季節
  • 祈りの幕が下りる時
  • マチネの終わりに
  • 歪んだ波紋
  • 夜は短し歩けよ乙女
  • 怒濤の厄年 / 三谷幸喜のありふれた生活2
  • 放課後
  • 悪寒
  • 夜明けの街で