• Author林真理子
  • Publisher集英社
  • ISBN9784087478600
  • Publish Date2005年9月

白蓮れんれん

「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋-。門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、時代に抗いながら、真実に生きようとする、大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。第八回柴田錬三郎賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 影踏み / 推理小説
  • 百歳の力
  • 博士の愛した数式
  • 恋文心中 新装版 / 御宿かわせみ15
  • 映画妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン!
  • ラプラスの魔女
  • ポケット版「暮しの手帖」とわたし
  • 1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす
  • 流星の絆
  • 出世花