• 著者林真理子
  • 出版社集英社
  • ISBN9784087478600
  • 発行2005年9月

白蓮れんれん

「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋-。門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、時代に抗いながら、真実に生きようとする、大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。第八回柴田錬三郎賞受賞作。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 勇者たちへの伝言 / いつの日か来た道
  • 十津川警部箱根バイパスの罠
  • 私の息子はサルだった
  • 十津川警部長野新幹線の奇妙な犯罪
  • 時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎
  • 恐竜フィギュア図鑑
  • 「名もなき家事」を楽しく減らす法
  • 坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー
  • 海の見える理髪店
  • 駅路 改版