• Author桜庭一樹
  • Publisher東京創元社
  • ISBN9784488472023
  • Publish Date2010年9月

赤朽葉家の伝説

"辺境の人"に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の"千里眼奥様"と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。-千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに描き上げた稀代の雄編。第60回日本推理作家協会賞受賞。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 別冊 旅の手帖 2017年 09月号
  • ダイエットは運動1割、食事9割 / 運動指導者が断言!
  • おかげさまで生きる
  • 青くて痛くて脆い
  • 読むだけでやせる女医の言葉
  • NHKガッテン! 2019年 02月号
  • 山口くちこみグルメ 2018 / 東の端から西の端まで、山口の”食”を総まとめ!
  • 幽霊塔