• Author桐野夏生
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784104667024
  • Publish Date2008年5月

東京島

32人が流れ着いた島に、女はたったひとり。いつまで待っても、助けの船は来ない。ここは地獄か、楽園か。果たして、助けは来るのか。生と欲にすがる人間たちの極限状態を描いた傑作長篇。〈受賞情報〉谷崎潤一郎賞(第44回)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ニシノユキヒコの恋と冒険
  • 遺文 / 吉原裏同心21 長編時代小説
  • 政界汚染 / 警視庁公安部・青山望
  • 愛憎 / 吉原裏同心15 長編時代小説
  • 邂逅 / 警視庁失踪課・高城賢吾
  • 月曜の朝、ぼくたちは
  • 闇夜 / 警視庁失踪課・高城賢吾
  • 暴れ彦四郎 新装版 / 鎌倉河岸捕物控4の巻
  • 小説日本婦道記 改版
  • 葉桜の季節に君を想うということ