• Author桜庭一樹
  • Publisher富士見書房
  • ISBN9784829162293
  • Publish Date2003年12月

Gosick

聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女-ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を-。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 日本の昔話
  • はじめてのかぎ針編みミニモチーフパターン100
  • 愛なき世界
  • 人生を狂わす名著50
  • 超ジャズ入門
  • 愛なき世界 上
  • マイルス・デイビス自叙伝 1
  • 怖い絵 死と乙女篇
  • Jazzはこの一曲から聴け! / マイ・フェイバリット・アルバム100
  • Gosick 5 (ゴシック・ベルゼブブの頭蓋)