• Author外山滋比古
  • Publisher扶桑社
  • ISBN9784594078720
  • Publish Date2017年12月

老いの整理学

【220万部突破の大ベストセラー『思考の整理学』老年版!】 【94歳の「知の巨人」が実践する知的な老い方!】

◎ゆっくり急げ!「弱強のリズム」で生きれば、〝年を忘れる〟 ・八十代から始めた炊事 ・ホメられるススメ ・知らない病気は治る!? ・怒りは新しい養生訓 ・命を延ばす涙 ・「敵」は長生きの妙薬 ・威張るという生き甲斐 ・昼入浴のススメ…… ――だから年を取っても健康です!

【「文庫版のためのまえがき」より】  年の取り方には、ふた通りがある。うまい年の取り方とつらい年の取り方である。  どちらの老い方をするかは、ひとりひとりの問題であるが、いい知恵はないかと思っている人は少なくない。  どうしたら、おもしろく、いやなことを忘れて老いていけるかは大きな問題で、もっとよく考える必要があるが、お手本になる例が少ない。我流で老いているとおもしろい老いにならないリスクがあると気付くのはかなりの知性である。

【目次】 Ⅰ 華麗なる加齢 Ⅱ 感情を発散させる Ⅲ〝日々にわれわれは賢くなりゆく〟 Ⅳ 緩急のリズムをとる Ⅴ 命を延ばす方法

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 警視庁心理捜査官 上
  • 警視庁心理捜査官 下
  • 花咲舞が黙ってない
  • いつまでもショパン
  • さよならドビュッシー前奏曲 / 要介護探偵の事件簿
  • 女たちが変えるアメリカ
  • こんにちは、ミルくん
  • 日本史の内幕 / 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで
  • 小暮写眞館 下
  • 大人が絵本に涙する時