• 著者百田尚樹
  • 出版社講談社
  • ISBN9784062769211
  • 発行2011年7月

風の中のマリア

命はたった三十日。戦うことに迷っている暇なんてない。
『永遠の0(ゼロ)』と並ぶ、最高の感動作!
命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。
私たちはただ務めを果たすだけ。ある日、突然やってくる終わりの日まで。
ワーカー(ハタラキバチ)は、現代で働く女性のように。女王バチは、仕事と子育てに追われる母のように。この物語は、「たかがハチ」と切り捨てられない何かを持っている。「世界が広がるはずですよ」(養老孟司―解説より―)

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 春はやて / 時代小説アンソロジー
  • 砂の王国 下
  • 砂の王国 上
  • 発見いっぱい!関西のちか旅
  • ときどき旅に出るカフェ
  • 引っ越し大名三千里
  • 人間小唄
  • ふたりの花見弁当 / 食堂のおばちゃん 4
  • 季節風 春
  • 花競べ / 向嶋なずな屋繁盛記