• Author内田樹
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784106103360
  • Publish Date2009年11月

日本辺境論

常にどこかに「世界の中心」を必要とする辺境の民、日本人。日露戦争から太平洋戦争までは、辺境人が自らの特性を忘れた特異な時期だった。武士道から養老孟司、マンガまで、多様なテーマに沿って日本を論じる。〈受賞情報〉新書大賞1位(2010)

>> 続きを表示