• Author五木寛之
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062910071
  • Publish Date2012年1月

親鸞激動篇 下

雨乞いの法会を何とか切り抜けた親鸞は、外道院と袂を分かち、恵信らと平和な日々を迎えていた。越後で施療所を開設し、訪れる多くの人びとの相談を聞いた。やがて、法然上人が許されたという吉報にも接するが、親鸞は京へ上ることをためらい、そのうちに訃報が届く。「わたしは、独りになった。自分自身の念仏をきわめなければならない」。新たな決意をした親鸞の下に、関東からの誘いがかかったのはそんな折だった──。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 戦争の日本史 17
  • 極言 : 勝者の合言葉
  • 柳生兵庫助 6
  • 柳生兵庫助 5
  • 悪の梯子 / 足引き寺閻魔帳
  • 女狐の罠 / 足引き寺閻魔帳
  • 山姥の夜 / 足引き寺閻魔帳
  • 江戸打入り
  • 孤宿の人 上
  • 孤宿の人 下