• Author辺見庸
  • Publisher角川書店
  • ISBN9784043417018
  • Publish Date1997年6月

もの食う人びと

人は今、何をどう食べているのか、どれほど食えないのか…。飽食の国に苛立ち、異境へと旅立った著者は、噛み、しゃぶる音をたぐり、紛争と飢餓線上の風景に入り込み、ダッカの残飯からチェルノブイリの放射能汚染スープまで、食って、食って、食いまくる。人びととの苛烈な「食」の交わりなしには果たしえなかった、ルポルタージュの豊潤にして劇的な革命。「食」の黙示録。連載時から大反響をよんだ感動の本編に、書き下ろし独白とカラー写真を加えた、新しい名作文庫の誕生。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • いのちの食べかた
  • 太陽と毒ぐも
  • 世界を信じるためのメソッド / ぼくらの時代のメディア・リテラシー
  • ウトナイ湖サンクチュアリ物語
  • へんないきもの