• Authorエレン・ラプトン ヤナガワ智予 須永剛司
  • Publisherビー・エヌ・エヌ新社
  • ISBN9784802510998
  • Publish Date2018年10月

デザインはストーリーテリング / 「体験」を生み出すためのデザインの道具箱

本書は、デザイナーの活動領域が広がり、デザインが持つ人々への影響力が認識されつつある現代のための、デザインの入門書です。今や、何かを「作って終わり」ではなく、制作物を含めたプロジェクト全体をデザインしていくことが求められている時代です。そうしたあらゆるデザインにおいてキーとなるのが「物語(ストーリー)」です。
構成は3部からなり、
1.アクション:多くのストーリーが持つ基本パターンを活用しながら、ものごとの展開をデザインするために、
2.エモーション:人々の気分や感情を汲み取ったり動かしたりするために、
3、センセーション:人々の知覚や認知を方向づけるために、
知っておきたい知識や手法がコンパクトにまとめられています。
グラフィックデザインにはじまり、多くの著作を生み出しながら現在ではミュージアムのキュレーターを務めるという稀有な経歴を持つ著者ならではの、デザインのエッセンスがつまっています。
「ストーリーテリング(物語ること)」が持つ力によって、あなたのプロジェクトに人々を巻き込み、関わり合い、そしてよりよいデザインを実践するためのリファレンスとしてお使いください。
(解説:須永剛司)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • プロダクトデザイン101のアイデア
  • オブジェクト指向UIデザイン / 使いやすいソフトウェアの原理
  • Webデザイン良質見本帳 第2版 / 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集
  • 現場のプロから学ぶCSSコーディングバイブル
  • サービスデザインの教科書 / 共創するビジネスのつくりかた
  • ウェブデザインの思考法 / 機能性と情緒性で導く論理的なウェブデザインの方針立案・構築
  • なんだ、けっきょく最後は言葉じゃないか。
  • 3色だけでセンスのいい色 / 見てわかる、迷わず決まる配色アイデア
  • Webディレクションの新標準ルール
  • デジタルマーケティングの定石 / なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?