• Author雫井脩介
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041082096
  • Publish Date2019年4月

望み

年頃の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は二人だが、行方不明者は三人。息子は犯人か、それとも……。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父と母の思い――。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 東京タワー
  • 私とは何か / 「個人」から「分人」へ
  • さくら
  • 愛なき世界
  • おらおらでひとりいぐも
  • さまよう刃
  • 片想い
  • 幸福な食卓
  • 一切なりゆき / 樹木希林のことば
  • クローズド・ノート