• Author浅田次郎
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167907679
  • Publish Date2017年1月

黒書院の六兵衛 下

天朝様が江戸城に玉体を運ばれる日が近づく。が、六兵衛は、いまだ無言で居座り続けている……。虎の間から、松の廊下の奥へ詰席を格上げしながら、居座るその姿は、実に威風堂々とし日の打ち所がない。それは、まさに武士道の権化──。だが、この先、どうなる、六兵衛!浅田調に笑いながら読んでいると、いつの間にか、連れてこられた場所には、人としての義が立ち現れ、思わず背筋がのび、清涼な風が流れ込んでくる。奇想天外な面白さの傑作です。解説・青山文平

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 完全犯罪に猫は何匹必要か? / 長編推理小説
  • 見仏記 6(ぶらり旅篇)
  • ロマンス作家「殺人」事件
  • 蒼の悔恨
  • 草原からの使者 / 沙高樓綺譚
  • 血まみれのマリア / 長編悪漢小説
  • 辺境・近境
  • 誰も書かなかった清少納言と平安貴族の謎
  • 影踏み / 推理小説
  • 壬生義士伝 下