• 著者青木俊直
  • 出版社玄光社
  • ISBN9784768311622
  • 発行2019年4月

青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術

マンガ家 青木俊直さんのiPad Proイラスト活用法と発想術!
「あまちゃん」のファンアート(あま絵)でも知られるマンガ家・青木俊直さんのiPad Proを使用したデジタルマンガ・イラストの描き方と、iPad Proを持ち歩いて外で絵を描くことのメリット、さらにちょっとしたことから「妄想」を広げていく独特の発想術をご紹介する本です。
iPad ProはApple Pencilとの組みわせでマンガ制作が容易になりました。青木さんはアイデアスケッチからマンガの根幹となるネーム作り、下書き、ペン入れにまで活用しています。アプリとしてCLIP STUDIO PAINTとProcreateを用いたマンガ制作のプロセスを、青木さんならではの「ゆるゆるマンガ」で解説していきます。
青木さんは自宅ではパソコンで制作を行う一方、外で仕事することも多い「ノマド型クリエイター」です。iPad Proを常に持ち歩き、移動中に浮かんだアイデアを素早く絵に描いたり、ヒントになるものを見つけたらメモやスケッチ、写真に残しています。アニメやゲームのキャラクターの仕事では、打ち合わせ中にその場でiPad Proで絵を描いて提案することもあります。iPad Proの「どこでも描ける」魅力を伝えていきます。
身近なテーマから発想し、時にはダジャレや言葉遊びから「妄想」を膨らませる青木さんの発想術も本書の見どころです。多くの人の共感を呼んだファンアートは、登場人物への愛情と観察眼に支えられています。また毎年開催している個展でもその「妄想力」が発揮されています。そうした発想のヒントについてエッセイ形式で紹介していきます。
ともにiPad Proユーザーである漫画家の内藤泰弘さん、寺田克也さんとの対談も掲載。同業者ならではの制作話も必読です。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 線一本からはじめる伝わる絵の描き方 / ロジカルデッサンの技法 まったく新しいデッサンの教科書
  • おたからサザエさん 4
  • 海を撃つ / 福島・広島・ベラルーシにて
  • また旅。
  • 続々果てしのない本の話
  • 連続テレビ小説なつぞら なつが食べてたおいしいレシピ
  • 怒りにとらわれないマインドフルネス
  • 死を生きた人びと / 訪問診療医と355人の患者
  • からすのそばやさん
  • お家でいただく、ごちそうかき氷 / かき氷専門店・埜庵