• Author濱嘉之
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167913267
  • Publish Date2019年8月

国境の銃弾 / 警視庁公安部・片野坂彰

リアルすぎる公安小説の新シリーズ始動!

公安出身の著者による、最新の国際インテリジェンス情報小説。



この男、天才か、変人か。

若き国際派公安マンが、日本を守る!



「この国に、真の諜報組織をつくれ!」

警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン、片野坂彰。

イェール大学、FBIで研修し、はては傭兵会社の経験もあるという、変わり種。

最強の先輩ノンキャリ情報官と、音大で出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。



最初の事件は、国境を望む長崎県・対馬。

展望台で衆目のなか、一撃で三人を殺すという凄腕スナイパーの黒幕は――

中・韓・北・露はじめ各国のスパイが入り乱れ、舞台はEUの中心ブリュッセルへ……



100万部突破した大人気の「青山望シリーズ」に続く、公安小説の最先端!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 何が困るかって
  • マスカレード・イブ
  • 山霧 上 新装版 / 毛利元就の妻
  • 阿蘭陀西鶴
  • 明日の記憶
  • 教場0 / 刑事指導官・風間公親
  • 憧れの女の子
  • 読めない遺言書
  • 勁草
  • 無明の闇 新装版 / 鬼籍通覧