• Author岡秀行 目黒区美術館
  • Publisherコンセント
  • ISBN9784909290014
  • Publish Date2019年7月

包 日本の伝統パッケージ、その原点とデザイン

日本のアートディレクター、グラフィックデザイナーの草分け的存在であった岡秀行(1905?1995)は、職能ゆえに木箱、紙包み、竹かご、藁のつとなどの自然素材を使った日本の伝統包装の美しいかたちに魅了され、全国各地で収集を行った。次第に「包む」という行為自体に関心を持つようになり、そこに宿るものを日本風土が育んできた特有の「美意識」だと見てとるようになった。 岡秀行は、当時の最先端のデザイン手法・組織論を取り入れて、日本のデザイン業界の発展に寄与した人物でもあったが、高度経済成長のなか、科学技術や経済至上主義が、人間の幸せにとって必ずしも万能ではないことを予見。生活の美意識を宿した日本の伝統パッケージには、失いかけた自然風土との共生を呼び覚ます力があると考えるようになっていた──。
岡秀行は伝統パッケージについて本を、自らのアートディレクションにより制作。海外でも大きな評判を呼び、本テーマの展覧会が各国を巡回、28ヵ国100箇所で開催された。本書は、1972年毎日新聞社から刊行された『包』を底本とした、2011年開催「包む:日本の伝統パッケージ」展の図録(目黒区美術館、ビー・エヌ・エヌ新社刊)を書籍化、デザイン史家佐賀一郎(多摩美術大学)による「岡秀行論」を増補した新装再編集版である。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ロシアの昔話 (福音館の愛蔵版シリーズ)
  • 夢十夜
  • Tokyo,the ’50s
  • ヴォルテール / ミクロメガス
  • そうだよ。
  • ザ・デス・レイ : 日本語版
  • 太陽と月 / 10人のアーティストによるインドの民族の物語
  • Pure Land 001
  • どこであれそれが見つかりそうな場所で
  • けもの道の歩き方 / 猟師が見つめる日本の自然