• Author西智弘 西上ありさ 出野紀子
  • Publisher学芸出版社(京都)
  • ISBN9784761527310
  • Publish Date2020年2月

社会的処方 / 孤立という病を地域のつながりで治す方法

---------------------------
市民活動が誰かの薬になるらしい。
それなら100歳まで生きてみたい。
コミュニティデザイナー 山崎亮
---------------------------
山崎亮さん(studio-L、コミュニティデザイナー)推薦!
認知症・鬱病・運動不足による各種疾患…。医療をめぐるさまざまな問題の最上流には近年深まる「社会的孤立」がある。従来の医療の枠組みでは対処が難しい問題に対し、薬ではなく「地域での人のつながり」を処方する「社会的処方」。制度として導入したイギリスの事例と、日本各地で始まったしくみづくりの取り組みを紹介。
近年注目が高まっている「社会的処方」に関する初めての書籍です!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 病棟に頼らない地域精神医療論 / 精神障害者の生きる力をサポートする
  • ダルちゃん 1
  • 介護するからだ
  • こけし
  • 伝え方が9割
  • がんを抱えて、自分らしく生きたい / がんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉
  • 脱病院化社会 医療の限界
  • ケアするまちのデザイン / 対話で探る超長寿時代のまちづくり
  • まちの子どもソーシャルワーク / 子どもの貧困対策第2ステージ
  • 「分かち合い」社会の構想 / 連帯と共助のために