• Author安藤祐介
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062932806
  • Publish Date2015年12月

宝くじが当たったら

32歳、わくわく食品経理課勤務、独身。ごく普通のサラリーマン・修一の趣味は宝くじをバラで10枚買うこと。ところが今年、一等、2億円が降ってきた。あくまで堅実でつつましい生活を続けようとした修一の目の前に、急に現れた親戚、慈善団体に同級生。さらにネットに実名が流出、会社の電話が鳴りやまない! 最高の幸福が招いた大混乱、いったい誰を信じれば? ジャンボなドリーム、宝くじエンタテインメント!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 最後の晩ごはん / ふるさとだし巻き卵
  • 長いお別れ
  • 男ともだち
  • 記憶屋
  • ひかりの魔女
  • 家族シアター
  • 人間失格/桜桃 〔平成19年〕改版
  • レイクサイド
  • 大泉エッセイ / 僕が綴った16年
  • いくつもの週末