• Author中山七里
  • Publisher角川春樹事務所
  • ISBN9784758443630
  • Publish Date2020年10月

夜がどれほど暗くても

志賀倫成は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長。
スキャンダル記事に自負を持ち、充実した編集者生活を送っていた。
しかし大学生の息子・健輔に、ストーカー殺人を犯して自殺したという疑いがかかる。
彼の幸福は崩れ去り、取材対象からも罵倒される日々に、精神がすり潰されていく。
だが被害者遺族である奈々美と出会い……。
圧倒的筆致で真実と愛を描く、傑作ミステリ登場。(解説・西原理恵子)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • おもかげ
  • 増山超能力師大戦争
  • 神様からひと言 / 長編小説
  • 放課後
  • 地下鉄に乗って
  • いつもが消えた日 / お蔦さんの神楽坂日記
  • 針の眼
  • 作家刑事毒島
  • 秋山善吉工務店
  • ヒートアップ