• Authorヤマザキマリ
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784121506993
  • Publish Date2020年9月

たちどまって考える

パンデミックを前にあらゆるものが停滞し、動きを止めた世界。17歳でイタリアに渡り、キューバ、ブラジル、アメリカと、世界を渡り歩いてきた漫画家・ヤマザキマリさんにとって、これほど長い期間、家に閉じこもって自分や社会と向き合った経験はありませんでした。でもそこで深く深く考えた結果、「今たちどまることが、実は私たちには必要だったのかもしれない」という想いにたどり着いています。この先世界は、日本はどう変わる? 黒死病からルネサンスが開花したように、また新しい何かが生まれるのか? 混とんとする毎日のなか、それでも力強く生きていくために必要なものとは? 自分の頭で考え、自分の足でボーダーを超えて。さあ、あなただけの人生を進め!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 京都歩く地図帳 ’08
  • 京都ぷらり旅帖
  • 森見登美彦の京都ぐるぐる案内
  • お母さんという女
  • 100人の村に生まれたあなたへ
  • コロナとバカ
  • もうあかんわ日記
  • 女二人の手紙のやりとり人生論あなたは酢ダコが好きか嫌いか
  • この話、続けてもいいですか。
  • フランス人ママン「強く生きる子」を育てる75の言葉