• Authorヤマザキマリ
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784121506993
  • Publish Date2020年9月

たちどまって考える

パンデミックを前にあらゆるものが停滞し、動きを止めた世界。17歳でイタリアに渡り、キューバ、ブラジル、アメリカと、世界を渡り歩いてきた漫画家・ヤマザキマリさんにとって、これほど長い期間、家に閉じこもって自分や社会と向き合った経験はありませんでした。でもそこで深く深く考えた結果、「今たちどまることが、実は私たちには必要だったのかもしれない」という想いにたどり着いています。この先世界は、日本はどう変わる? 黒死病からルネサンスが開花したように、また新しい何かが生まれるのか? 混とんとする毎日のなか、それでも力強く生きていくために必要なものとは? 自分の頭で考え、自分の足でボーダーを超えて。さあ、あなただけの人生を進め!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 子どもの脳を傷つける親たち
  • 九十歳。何がめでたい
  • 花芯
  • ショートショートの広場
  • ペアレントクラシー 「親格差時代」の衝撃
  • それでもこの世は悪くなかった
  • ルミとマヤとその周辺 1 新装版
  • 寂聴あおぞら説法 4
  • ヴィオラ母さん / 私を育てた破天荒な母・リョウコ
  • 公式本ウチ、”断捨離“しました!