• Author坂口恭平
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163914282
  • Publish Date2021年9月

土になる

今、僕は自分自身と完全に一つになったような気がする。それ以上の平安がどこにあるだろうか。それが鳥であり、猫であり、虫じゃないか。地に足をつけるとは、このことを言うのではないか。土に聞くまでもない。僕が土になったのだから――。
有明海を望み、雲仙岳を見晴らし、故郷の河内につながる熊本の地で、師匠ヒダカさんの背中を見ながら畑を始めた。日々畑に足を運び、成長する野菜たちと向き合うこと。それは生まれてこのかた、土から遠く離されていたことに気づき、生命を取り戻していく過程そのものだった。
作ること、変化することをめぐる冒険。
『0円ハウス』『独立国家のつくり方』に連なる著者の到達点。
ヘンリー・ソロー『森の生活』、現代版誕生!!
土になった坂口恭平の目玉を借りて、
僕らは日頃見えないものを目の当たりにするのだ
――土井善晴
装画・口絵(16ページ) 坂口恭平

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • アシカが笑うわけ
  • キリンのひづめ、ヒトの指 / 比べてわかる生き物の進化
  • ちゃぶ台 7(2021年春/夏号) / 生活者のための総合雑誌
  • あなたのルーツを教えて下さい
  • 山奥の笑顔百姓
  • 強く生きる言葉
  • 壁を破る言葉
  • 民主主義は誰のもの?
  • ものみな過去にありて
  • I 1