• Author絲山秋子
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065338230
  • Publish Date2024年1月

御社のチャラ男

コロナ禍直前の2020年初頭に刊行され、各紙誌書評で絶賛された著者の“会社員”小説史上最高傑作ともいえる『御社のチャラ男』が、ついに文庫化!
いませんか?
こんなひと。
どこにでもいる、軽くて世渡り上手なチャラ男。
わかっていますか、本当の彼のこと。
組織に属する「私たち」の実態にせまる“会社員”小説の傑作!
   
ジョルジュ食品はオイル、ビネガーなどの商品を扱う地方の小さな会社だ。
社長のコネでやってきた三芳部長は、社内でひそかにチャラ男と呼ばれている。
自分には自分がないと悟る三芳と、彼のまわりの人々が彼を語ることで見えてくる、この社会に生きる私たちの現実。
すべての働くひとに贈る傑作“会社員”小説。
「どこか滑稽な書名に騙されてはいけない。ここに描かれるのは、組織なるものの実態であり、現代社会の問題や病理であり、働いて生きていくという営みの本質である。ジョルジュ食品という、地方の小さな会社を舞台にして。よりによって、チャラ男を軸に据えて。(略)頁を閉じたとき、きっと誰もが、濃密な塊を受け取ることになる。言葉で容易に説明できないその塊は、読者個々の体内を長い時間掛けてさまよう。本作で得たものと、私たちは共に生きていく」(木内昇「解説」より)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 変愛小説集 日本作家編
  • 3分で読める!眠れない夜に読む心ほぐれる物語
  • 絶対ボケない生活
  • 葉桜の日
  • 老後はひとり暮らしが幸せ 続
  • 宮本輝
  • たちどまって考える
  • 和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。
  • 定年後の居場所
  • ツレがうつになりまして。