• Author葉室麟
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167781026
  • Publish Date2011年2月

いのちなりけり

あの時桜の下で出会った少年は一体誰だったのか-鍋島と龍造寺の因縁がひと組の夫婦を数奇な運命へと導く。"天地に仕える"と次期藩主に衒いもなく言う好漢・雨宮蔵人と咲弥は、一つの和歌をめぐり、命をかけて再会を期すのだが、幕府・朝廷が絡んだ大きな渦に巻き込まれていってしまう。その結末は…。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • まにまに
  • ふる
  • 十字架
  • 果つる底なき
  • きりこについて
  • ふくわらい
  • 暗いところで待ち合わせ
  • おひとりさまの老後
  • 希望荘
  • だましゑ歌麿