• Author浅田次郎
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167646028
  • Publish Date2002年9月

壬生義士伝 上

小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。"人斬り貫一"と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 最高のアフタヌーンティーの作り方
  • 海賊とよばれた男 上
  • 木曜殺人クラブ 二度死んだ男
  • 狂うひと / 「死の棘」の妻・島尾ミホ
  • 双頭の悪魔
  • いつまでもショパン
  • 52ヘルツのクジラたち
  • 沢田マンション物語 / 2人で作った夢の城
  • 朝が来る
  • 父と僕の終わらない歌