• Author稲垣足穂
  • Publisher河出書房新社
  • ISBN9784309403335
  • Publish Date1992年5月

南方熊楠児(ちご)談義

表題作の熊楠のほか宮武外骨、ジイド、バートンら古今東西の少年愛論を検証、タルホ美学の原基であるA感覚を追求したエッセイ的評論集。「大若衆」「高野小姓」「文殊尻」(表題作)、「罪悪としての男色」「男色関係の双方」「世界的男色」(「宮武外骨の『美少年論』」)など、自作のイメージの源となった先例についてのユニークな解釈・発見にみちた、タルホマニア必読の一冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 1時間でハングルが読めるようになる本
  • ニーハオ!中国語かんたんドリル / すぐに使える基本フレーズくり返し読んでらくらく覚える!
  • NHK テレビ ハングル講座 書いてマスター!ハングル練習帳 2016年 07月号
  • 日本超古代文明のすべて / 「大いなるヤマトの縄文の遺産」を探究する!
  • 抗がん剤だけはやめなさい
  • お金の整理学
  • 携帯電磁波の人体影響
  • まんがでわかる自律神経の整え方 / 「ゆっくり・にっこり・楽に」生きる方法
  • 少ない物ですっきり暮らす
  • 発達障害を見過ごされる子ども、認めない親