• Author稲垣足穂
  • Publisher河出書房新社
  • ISBN9784309403335
  • Publish Date1992年5月

南方熊楠児(ちご)談義

表題作の熊楠のほか宮武外骨、ジイド、バートンら古今東西の少年愛論を検証、タルホ美学の原基であるA感覚を追求したエッセイ的評論集。「大若衆」「高野小姓」「文殊尻」(表題作)、「罪悪としての男色」「男色関係の双方」「世界的男色」(「宮武外骨の『美少年論』」)など、自作のイメージの源となった先例についてのユニークな解釈・発見にみちた、タルホマニア必読の一冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 男の子の本当に響く叱り方ほめ方 / どうしたら言うことをちゃんと聞いてくれるの??
  • アドラー式「言葉かけ」練習帳 / 子どもが伸びる!自信とやる気が育つ!
  • ポテチを異常に食べる人たち / ソフトドラッグ化する食品の真実
  • 空想科学読本 / ゴジラは生まれた瞬間、即死する!?
  • ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち
  • こげぱん沖縄ぶらり旅日記
  • こげぱん北海道ぶらり旅日記
  • ねこのほそみち / 春夏秋冬にゃー
  • よつばと! 2
  • よつばと! 1