• Author中島京子
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784122067141
  • Publish Date2019年3月

彼女に関する十二章

五十歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり――
ミドルエイジを元気にします!
くすりと笑わせる上質のユーモアが心地よい、中島京子の長編小説
息子は巣立ち、夫と二人暮らし。会計事務所でパート勤務の宇藤聖子が、
ふとしたことで読み始めたのは、六十年前の「女性論」。
一見古めかしい昭和の文士の随筆と、聖子の日々の出来事は不思議と響き合って……。
どうしたって違う、これまでとこれから。
セクハラ、失業、LGBT……現代社会の問題を織り込んで、人生の新たな段階を迎える世代の実感、気づき、思いがけない出会いを描く。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 一度は読んでほしい小さな出版社のおもしろい本 2019
  • D10 地球の歩き方 台湾 2017~2018
  • 神様のケーキを頬ばるまで
  • 橋を渡る
  • 落ちぬ椿 / 上絵師律の似面絵帖
  • 阪堺電車177号の追憶
  • 本屋さんで本当にあった心温まる物語
  • 迷子のコピーライター
  • 四十九日のレシピ
  • 木曜日の子ども